店舗情報

タカムラ洋品店 仁藤町 商店街

タカムラ洋品店は、開業当初より多種多様な洋品や衣服をお客様にご提供させていただいておりましたが、女性服の需要が多く更なるお客様のご要望にお応えするためブティック・タカムラを立上げ婦人服専門店として現在まで歩んでまいりました。
私どもは、お客様にお洋服をご提案するうえで、決して強引で一方的な売り方はいたしません。お客様には、店内で過ごすお時間を出来るだけ楽しんでいただき、お帰りの際には笑顔になり、また行きたくなるようなアットフォームな雰囲気を心がけております。
ぜひ一度、お似合いのお洋服をお探しにお越しいただければ幸いです。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

店主 高村米子  

店主/高村米子、高村享嗣
店主/高村米子、高村享嗣
掛川城
掛川城

高村乙吉 ※享嗣の曽祖父
高村乙吉 ※享嗣の曽祖父
高村恒吉※享嗣の祖父、写真右
高村恒吉※享嗣の祖父、写真右


 概要

店名/タカムラ洋品店(たかむらようひんてん)
代表/高村米子
創業/昭和22年(1947年)
住所/〒436-0075 静岡県掛川市仁藤町2-8
駐車場/3台あり
電話/0537-22-5620
営業時間/AM10:00~PM7:00
定休日/毎週水曜日・第2日曜日
お支払い/現金のみ

昔の仁藤の大獅子
昔の仁藤の大獅子
今の仁藤の大獅子
今の仁藤の大獅子


 沿革

明治38年(1905)高村乙吉が、印刷屋の掛川活版を始める
昭和20年(1945)終戦の寸前に活字と印刷機が供出となり印刷業を終える
昭和22年(1947)高村はつが衣類業の行商を経てタカムラ洋品店を始める
昭和50年(1975)店舗改修を経て婦人服専門のブティックタカムラの名称を追加する
平成30年(2018)商売を創業してから三代目である高村米子が店主を務める

掛川活版所の外観
掛川活版所の外観
タカムラ洋品店の外観
タカムラ洋品店の外観